『16区市民連合だより』を発行しました

16区市民連合だよりを発行しました。ホームページへの掲載と、メールや印刷物として賛同者の皆さまへお届けします。発行サイクルなど未定です。(当面は適宜必要な時に)

ご意見やご感想などお寄せください。

 

7.17 市民と野党のつどいに300人参加

安倍政治・改憲を止めよう!「市民と野党の共同」を強めよう!

衆議院神奈川16区の野党候補の擁立・勝利に向けて「市民と野党のつどい」に300人が参加し、大きな一歩を踏み出しました。

「政治危機と私たちの選択ー憲法と民主主義を守る大結集を」と題して、山口二郎法政大学教授・立憲デモクラシーの会共同代表が講演しました。

安倍政権による「戦争する国づくりへの暴走」と「国家の私物化」で、民意の変化や支持率の急落がみられるが、民進党が必ずしも受け皿になれない現状もある。これからの闘いをどう構築するかについて「野党と市民の結集を進め受け皿を作ろう。民進党も生き残りのために野党協力に一層踏み込まなければならない状況だ」と強調。政権を任せてもよいという安心感を作り出すことが重要。安倍政治に対抗する穏健保守層やリベラル層、革新勢力の大きな結集が重要だと指摘しました。

 つどいでは野党4党の代表が勢揃い、民進党・後藤祐一衆院議員秘書・伊藤安博氏、日本共産党の池田博英候補、自由党常任幹事・渡邊昌司氏、社民党神奈川県連合幹事長・金子豊貴男氏があいさつをしました。

 つどいの最後には山口氏と4野党代表、16区市民連合の世話人やつどいスタッフが登壇し、会場と一体となり「野党は共闘!」をコールしました。

 16区市民連合の設立趣意書に賛同する参加者が相次ぎ、賛同者数は本日現在で265名。これからさらに広く深く活動を展開していきましょう。

7月17日 『市民と野党のつどい』 ぜひご参加を!

2月に「16区市民連合」設立後、賛同者は130名を超えました。世話人を中心に野党への働きかけ、市民の政策要求の検討を行っています。

憲法施行70年を迎えた日、安倍首相は改憲への決意表明し、アメリカ・北朝鮮など緊迫した状況が続いています。

私たち市民は自分の頭で考え足元を固めながら、野党との共闘を実現して政治を変えたいと思います。

7月17日18時30分から、厚木市文化会館・小ホールで、『市民と野党のつどい』を行います。山口二郎さん(立憲デモクラシーの会共同代表、法政大学教授)の講演

と各野党のあいさつを予定しています。

たくさんの市民の皆様のご参加をお願いします。

0 コメント

「16区市民連合」設立集会を開催しました

2月17日(金)、「16区市民連合」設立集会を開催しました。

約60名が参加し、「16区市民連合」をスタートさせました。

再び戦争への道を歩むことのない社会、そして、憲法を暮らしにいかし個人の尊厳が守られる社会の実現のため、衆議院選挙では、市民と野党の協力による野党統一候補の擁立をめざします。

この日はあたたかい春一番の吹く日でした。私たちも大きな旋風を巻きおこします。


0 コメント

「16区市民連合」設立集会を開催します

愛川町、厚木市、伊勢原市、清川村、相模原市16区地域の皆さま、野党統一候補を実現させましょう。

 

2月17日に「16区市民連合」設立集会を開きますので、奮ってご参加ください。

2 コメント